生命保険

無駄の少ない生命保険の選び方

生命保険に入る時、保障額をいくらにしようか迷う人は多いと思います。

保障額をいくらにするか迷ってしまうのは、足りない分をおぎなうのではなく、保障をさきに見て加入しているからです。

 

しかし、足りない部分を補うと言っても、万が一のとき、「我が家の場合、いくら足りない?」ということを理解している人は少ないと思います。

 

残された家族への保障として、年金保険料さえ払っていれば公的保障からもらえる「遺族年金」があります。

 

万が一のとき、「公的保障からいくらもらえて、残された家族はいくらあれば生活できるのか?」、まずはこの2点を確認しましょう。

そして、足りない部分を埋めるために民間の生命保険などに加入します。

 

いくら足りないのか分からないまま、なんとなく保障額を決めて保険に加入してしまうと無駄が生じやすくなってしまいます。

万が一の時の社会保障制度

一家の大黒柱が亡くなった時や、障害が残った時などに、遺族や障害を持った人に国民年金・厚生年金から年金が支給されます。

医療には高額医療保険制度、介護には高額介護サービス費の支給があります。

 

公的保障は優れた制度ですが、不自由なく生活できるほどの額ではありません。

働き方や収入によっても受給できる保障額は異なりますので、どの程度の保障なのか確認しておきましょう。

遺族年金についての解説
障害年金についての解説
医療費・介護費についての解説

必要保障額の考え方

必要保障額

必要保障額とは、万が一の時に遺族が安心して暮らしていける金額のことを言います。

 

必要な金額は、家族構成・現在の収入・資産状況・子供の年齢などによって異なります。

 

保険金額をいくらにするか決めるために、必ず知っておかなければなりません。

必要保障額試算の方法

必要保障額の基本的な計算の考え方は、遺された家族に必要となるお金(下記①~③)から、入ってくるお金(下記④)を引いて計算です。

 

①子供が独立するまでの遺族の生活費の目安

→現在の1ヵ月生活費×70%×12ヵ月×(22歳-子供の年齢)

②子供が独立した後の配偶者の生活費の目安

→現在の1ヵ月生活費×50%×12ヵ月×(平均寿命ー子供が独立時の配偶者の年齢)

③生活費以外で別途まとまって必要になる資金

→子供の教育資金、一時的な住居費用、葬儀費用など

④将来収入の見込額

→公的保障からの収入+給与等

 

(①+②+③)-④=必要保障額

 

必要保障額は、家族構成、収入、資産背景(住宅の購入など)が変わった場合などに見直しが必要です。

必要な時期に必要なだけ備えるように保険を活用することで、無駄のない保険加入ができます。